2006年07月16日

良質なリンクと低俗なリンク

一時期は自分のサイトへのリンク数を増やせばSEOになっていましたが、現在はリンクの質を問われるようになってきています。

では、リンクの質とはなんでしょうか?
もっと突っ込めば良質なリンク・低俗なリンクとはなんでしょうか?

良質なリンクとは?
ページタイトルと自分のサイトと関連性がある
ページの中に自分のサイトのキーワードが含まれている
リンク数が100個以内である

低俗なリンクとは?
無関係なサイトと同じように並べられページのタイトルとも無関係
100個以上大量に貼られ人間がみてもクリックできないような、あくまでもバックリンクを増やす目的だけのリンク
キーワードが連呼されているページからのリンク

相互リンクを申し込まれたはいいが相手が上記内容を理解してくれているのか不安になりますよね
自分が相互リンクを申し込む場合も同じで躊躇う場合が多いのではないでしょうか
自動リンクなんてのはもってのほかで、いい相互リンク先を見つけるのがこれからのSEOになるのではないではないかと思います

こんなとこを見つけました
http://comment-up.seesaa.net/
リンクの質が気に入らなければ削除できるってとこがいいかもしれません。

posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

このブログの値段

サイトの値段を計測してくれるサイトを見つけました。
0円が表示されておりまったく価値がないとのこと・・
うーん 実態を正確に判断してますねぇ(汗
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

2時間で100日分の記事を書く方法

MTのエクスポートとインポートを使うと数時間で100ページ前後の記事が作れます。

新規でブログを作成し記事を1個書く

設定画面のMTインポートを開きまずはエクスポートする
※EUC-JPやUTF-8を扱えるエディターを持っていない人はShift_JISを選択

エクスポートしたファイルを開き確認

########################################
AUTHOR: ニックネーム
TITLE: ここがタイトルSTATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: 1
ALLOW PINGS: 1
PRIMARY CATEGORY:
CATEGORY: 日記
DATE: 03/01/2006 17:31:54
-----
BODY:
ここが記事です


-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:

-----
--------
########################################

#から#までをコピーして下へ貼り付けし増やしたい記事分繰り返す

日付を1日ずつ変更
※DATE: 03/01/2006 17:31:54は2006年3月1日です
※降順(下へ行くほど若い記事)

ここまででとりあえずセット完了
あとはBODY:
ここが記事ですのところへ記事をそれぞれ貼り付けます。

最初に書いた記事を記事一覧から削除し
設定のMTインポートから先ほどのファイルを選択しインポート

これで書きたい記事数文のブログが完成です。


100日分といっても、書く記事にこまりますよね?
記事の抽出元は後日記載します。

他人の記事をぱくったり、辞書をコピーしたりしちゃ駄目ですw

posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

購入率アップ

購入率を上げる方法として物語を作るという話をビッダーズをやっている人から聞きました。

え?物語?
と思いましたがわかり易く言うと商品が出来るまでの背景や生い立ち現在の状況などなどを順番に写真入りで説明することだそうです。

商品が出来るまでの過程や流通段階での苦労話などなどを順を追って説明し普段何気なく接している商品に興味を湧かせるようなページの作り方をすると購入率が上がるそうです。

楽天とビッダーズランキング上位を覗いてみる必要がありますねぇ。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

アフィリエイトのお手本3位を検証

昨日に引き続きキーワード「セシール」をグーグルで検索し3位にランクされているページをほじくってみました。

外部要因
インデックスされているバックリンクは28個と2位のサイトに比べかなり少ないが親ページのページランクが5もありそれを受け継ぐ形でページランク4を獲得しているため3位に表示されているのではないかと思います。
2位のページと対照的なことは、2位のページがページランクは低いが100個のバックリンクを集め上位表示させている点と、この3位のページはしっかりした内容の親ページを作りバックリンクを集めページランクを上げるという方針をとっている点が大きな違いだと感じました。
こういうページは短期間に作成することは非常に難しいと思いますが、ページランク5のページを作ればランクを子ページへ分け与えられる為、安定的で非常に多くのアフィリエイトサイトを追加できるという利点があると考えられます。
ページランク3あたりをうろついている我々にはこのサイトの真似は厳しいかな。


内部要因
セシールというキーワードをh1タグで1回、strongタグで8回使用しているのみで目立った対策はありませんが、文章も独自の物で構成されており文章構成はSEOより訪問者重視の考え方のようです。


全体の印象
2位、3位ともに上位表示されるだけでなくキーワード「セシール」で検索し訪問してきたお客さんに違和感なくアフィリエイトの広告をクリックさせるようなページの作り方をされており流石と言わざるを得ません。
どのキーワードで勝負するかを決め、そのキーワードで訪れた人が「戻る」をクリックせずにいかにして先へ進ませるかを十分に考慮するマーケティングが重要だと再認識しました。

SEO、SEM、根気と体力が重要かとw

2位のページの物真似で1ページ作ってみましたが、2時間近くかかりました。
中古 車 ガリバー



posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

アフィリエイトの見本を攻略

先日のセシールで検索したサイトの中で2位のページをほじくってみました。

外的要因
グーグルでのバックリンク数が109個ありリンクシェアのリンクコードが同じものが散見されるので、おそらく相互リンクではなく自作自演のリンクだろうと思いさらに詳しくリンク先もチェック

リンク先もセシールのページとまったく同じ作りになっており、要するにアフィリエイトのページを100個以上作ってすべてのページへのナビゲーションを貼りバックリンクを得ている模様

ドメインは4個使い分けし別ドメインからのリンクとしてポイントを稼いでいます。


内的要因
驚いたのは真っ先にh5見出しを使用していることとアフィリエイトのテキストコードをstrongタグで包み込んでいる点です。
こんなことして悪影響はないのか?ということに驚きましたが、上位表示されているということはOKということなんでしょう。

h1見出し 1個
h2見出し 5個
h3見出し 1個
h4見出し 0個
h5見出し 13個
h6見出し 0個
STORONGタグ 29個

使い分けている比率についてはどうもよくわかりませんが、個人的にはちょっとストロングタグが多すぎて大丈夫かなぁ?と思います。自分でSEOするなら徐々に変更して増やすということも出来るので最初は少なめがよろしいかと。

全体の印象
オリジナルの文書らしきものは無いに等しく、アフェリエイト先のテキストリンクとバナーリンクを組み合わせてページを作成しており、ちょっとした隙間にも別ジャンルの広告を配置

ページ下部に自分が運営してるアフェリエイトのサイトへの相互リンクというかナビゲーションというか、リンクの塊を配置。

うーん・・簡単に出来そうだけど、100ページ以上作るのは大変な作業ですね。
真似してみよっかなw
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

アフィリエイトのお手本

アフィリエイトの指南書や教材に儲けるためのノウハウが書いてありますが、我々のようなチンタラポンはわかったようで、わからないような・・

どうせなら見本を見せてくれよぉと叫びたくなるほど
お手本のサイトを掲載している指南書や教材は少ないですよね

これが月100万稼ぐページのURLです!って紹介してくれたらもっとわかり易いんだろうけど。


っと思い暇つぶしがてら探して見ました。


グーグルでキーワード「セシール」で検索
当然本家本元であるセシールのサイトが1位に表示されていますが、2位以降のURLを見ると本家とはまったく無関係と思われるURLがずらーり。

これが稼ぐアフィリエイトの実態なんですねぇ
あれこれは申しませんが、ほじくっていろいろ見てみるとどうしたら稼げるかわかってくるのではないでしょうか。


posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

グーグルアドセンスをガンガンクリックさせる

1.アドセンスするためだけのブログを作る

2.ページの背景色とアドセンスの背景、枠線を同じにし自然な形に整える。

3.横型の1個タイプを選択する。

4.サイドバーに置かずメインコンテンツの上中下のどちらかに配置しメインコンテンツに溶け込ませる。

5.キャッシュレス、教育、不動産、旅行など単価の高いキーワードを選定。

6.記事を書く前に思いついたキーワードをグーグルで検索し出てくる広告のキャッチフレーズと同じ記事タイトルにする。

7.出来るだけつまらない文章で本文を書く。

あとは試行錯誤で!
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

トラックバックは検索順位に無効

トラックバックスパム対策として大手ブログの多くはトラックバックのリンクに対して "rel="nofollow"を追加しているようです。
seesaaも同様でトラックバックのリンクに"rel=nofollow"が追加されています。

どういう意味かと申しますと、リンクとして機能はするが検索順位としては無視されるというおまじないのようなものです。

これによりバックリンクを集める目的だけののトラックバックは減り、関連した記事を純粋に紹介するトラックバックのみが有効になりトラックバック本来の使用方法に近づいていくのではないかと思います。

目ざとい業者さんは既にコメントスパムへ移行しているようで、バックリンクの数が検索順位において現在よりも軽視されるようにならないかぎりTBスパムやコメントスパムはなくならないのかなぁ・・ と思います。

バックリンクを増やす暇があれば自分のサイトのページ数を増やした方が検索エンジンも訪問するユーザーも喜びますよねぇ。



posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

初報酬300円

アフィリエイト用テンプレートを使ってみるの結果がようやく出ました。
作成して2週間後に300円の初報酬
わずかな金額ですが狙っていた通り複合キーワードで成約率の高そうな訪問者を獲得できました。
↓こんな感じ
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%A3%8F%E3%80%80%E7%AB%B6%E9%A6%AC%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%BA%E5%88%86%E6%9E%90&lr=

スローラーは順調に訪問してくれており、インデックスはされていませんし、ページランクも0のままですがこの状態でもそこそこいけるのではないでしょうか。
自分の考え方が証明できたようで嬉しい気分です。

今日も2、3ページ追加してみよう。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト アフェリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seoアフィリエイト ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。