2006年12月26日

サイトマップの重要性

ブログで記事を普通に書けばわざわざトラックバックを送らなくても検索エンジンにキャッシュされます。

ただし
一日に大量に記事を書いた場合と、その記事の文字数が少なかった場合検索エンジンにインデックスされません。
タイトルに型番や商品名を入れてダイレクトに検索してきた人を狙うページを作るときはどうしても文字が少なくしかも一日に大量のページを作成してしまいますが、そういった場合は対策をしないとまったく無意味な努力に終わってしまいます。

実際に私も数百ページ書き数日間アクセスを心待ちにしていましたがまったくアクセスがなく調べてみると3ページしかインデックスされておらず慌てた思いがあります。

対策としてhttp://www.xml-sitemaps.com/
でサイトマップのHTMLファイルを作り、ファイルごとサーバーにアップしブログのサイドバーからリンクを張る、サイトマップの記事を書き念のためトラックバックセンターへTBを送る。

こうすることにより拾われやすくなるはずです。
検索エンジンのクローラーも気まぐれ的なところがあり確実に全てのページをインデックスされる方法というのはなさそうで、サイトマップを作りしばらく気長に待つしかないのかもしれません。

こんな感じでです↓

http://cressonblog.up.seesaa.net/image/sitemap.html
http://assessment-of-car.up.seesaa.net/image/sitemap.html
http://server-glossary.up.seesaa.net/image/sitemap.html
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

グーグルのページランク更新

グーグルのページランクが更新されたようです。
今回こそ4にアップ出来ると願い7月からいろいろ画策してきましたが、以前にもまして基準が厳しくなったようで3あったページも2に落とされたり3から4へアップ出来たページもまったくありませんでした(泣
このブログはトップが2、記事によっては3ありますがそれらは変動ありませんでした。

ページランクが上がったり下がったりしたところでどうというわけではありませんが、気になりだしたらとまらないというかなんというか・・
下がるということは良い気分ではありません。

以前ページランク4のサイトだけを集めたリンク集を作ろうかと考えたことがありますが、こんなに変動されては管理が大変なのでやらなくてよかったと思います。

懲りずに次回の更新へ向けての対策として優良なバックリンクは諦め内部ページ数を大幅にアップさせてみようと思います。
100や200ページでは効果が期待できないので徐々に2000ページまで作成しインデックスさせる!
内容が薄いとスパムになるかな・・
ネタをしっかり考えようw
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

良質なリンクと低俗なリンク

一時期は自分のサイトへのリンク数を増やせばSEOになっていましたが、現在はリンクの質を問われるようになってきています。

では、リンクの質とはなんでしょうか?
もっと突っ込めば良質なリンク・低俗なリンクとはなんでしょうか?

良質なリンクとは?
ページタイトルと自分のサイトと関連性がある
ページの中に自分のサイトのキーワードが含まれている
リンク数が100個以内である

低俗なリンクとは?
無関係なサイトと同じように並べられページのタイトルとも無関係
100個以上大量に貼られ人間がみてもクリックできないような、あくまでもバックリンクを増やす目的だけのリンク
キーワードが連呼されているページからのリンク

相互リンクを申し込まれたはいいが相手が上記内容を理解してくれているのか不安になりますよね
自分が相互リンクを申し込む場合も同じで躊躇う場合が多いのではないでしょうか
自動リンクなんてのはもってのほかで、いい相互リンク先を見つけるのがこれからのSEOになるのではないではないかと思います

こんなとこを見つけました
http://comment-up.seesaa.net/
リンクの質が気に入らなければ削除できるってとこがいいかもしれません。

posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

トラックバックは検索順位に無効

トラックバックスパム対策として大手ブログの多くはトラックバックのリンクに対して "rel="nofollow"を追加しているようです。
seesaaも同様でトラックバックのリンクに"rel=nofollow"が追加されています。

どういう意味かと申しますと、リンクとして機能はするが検索順位としては無視されるというおまじないのようなものです。

これによりバックリンクを集める目的だけののトラックバックは減り、関連した記事を純粋に紹介するトラックバックのみが有効になりトラックバック本来の使用方法に近づいていくのではないかと思います。

目ざとい業者さんは既にコメントスパムへ移行しているようで、バックリンクの数が検索順位において現在よりも軽視されるようにならないかぎりTBスパムやコメントスパムはなくならないのかなぁ・・ と思います。

バックリンクを増やす暇があれば自分のサイトのページ数を増やした方が検索エンジンも訪問するユーザーも喜びますよねぇ。



posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

見出しにキーワードを入れない

見出しにキーワードを入れない方が検索順位が上がります!
見出しには「このサイトの趣旨」とか「初めての方へ」等当たり障りのない文書にし、その下へストロングタグをでキーワードを入れてみましたが、大幅に順位がアップしました。
以前からヤフーは見出しタグを嫌うという話を聞いており、グーグルは重要視するということでしたので、半分グーグルでの順位下落を覚悟しておりました。
予想外の結果としてヤフーグーグルともに順位アップしており、むしろグーグルの方がアップ度が高かったように思います。

seesaaのブログはヘッダーにh1見出し、投稿日付にh2見出し、記事タイトルにh3見出しが使われており、上記内容を考慮すると検索されたいキーワードをあえて外して記事を書いた方が有利かもしれません。

posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ナビゲーションバー設置でインデックス削除

1サイト内の全てのページに全てのページへのリンクを貼る(過激なナビゲーションバー)がスパムとみなされインデックス削除されると、どこかのHPに書いてありました。
ここまで過激なリンクだとナビゲーションと見なされず単なるリンクボックスと判断されるとのこと。
全部のページへのリンクがあっても使いづらいですもんね。
しかも外部スタイルシートを使って小さく表示させて何十個もあるリンクを置いていたようです。
これまで外部スタイルシートまでは読み込まないというのが定説だったようですが、今後は徐々にロボットが読み込む対象になるか、人の目によって確認される時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

全部のページに全部のページへのリンクが問題なら8割くらいのページのみにリンクしたら?或いは5割くらいのページにランダムな形でリンクさせれば見逃してもらえるのかな?
という邪道も頭を過ぎりましたが検索ロボットを欺く行為はSEOではなくスパムなのですっぱり忘れてまともなことを考えよう。

posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

子供服+セシール

ヤフーで子供服というキーワードを検索した際に10位以内に5日間入れば優勝というSEOコンテストに参加しました。
5月21日現在「子供服+セシール」で検索したところ、参加を表明していそうなサイトを1件のみ確認できましたが、他には見つかりませんでした。
セシールとアフィリエイトしないと参加できないという条件が厳しくてチャレンジする人が少ないのかも。
とりあえず頑張ってページを更新してみよう。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

MSN頑張れ!

MSNはバックリンクを重要視しないのか?どうかわかりませんが、作ったばかりのページでも上位に表示してくれます。
タイトルと見出しにキーワードを入れただけのページで十分なんですが、如何せんMSNからのアクセスがないというのが悩みどころではないでしょうか。
msnさんに頑張ってください!※検索システムは変更せずに。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

SEOするには記事を毎日更新

ブログがSEOに対して有効な理由は
記事タイトルが<title>に使われるためキーワードを有効に使える。
トラックバックを使い関連性の高いページから被リンクを受けれる。
ページの構造に見出しタグがうまく組み込まれており文書主体のためキーワード出現比率を上げれる。
などなどがありますが、最近ふと思ったのがブログの場合ページの更新が頻繁に行われるためスローラーの訪問頻度がアップするということが一番効果的なのではないかと思い始めました。
通常のhtmlタイプのホームページは滅多に更新することもありませんがブログの場合こういうくだらない記事でも書けばそれだけで更新されたことになりサイトのボリュームも増えるのでかなり有利なのではないかと考えます。
企業が自社HPを作り社員にブログを書かせてアクセスアップするという方法が多いらしいけど、すごく理にかなってるということですね。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

サイトを更新すればSEOになるのか?

毎月サイトを全体の15%程度更新すると検索エンジン対策になると聞きました。
タイトルの文字をちょこっといじっただけでも、更新になるの?と一瞬思いましたがそんなことをしてせっかくの順位が台無しになっても仕方ありませんし。

解釈として、毎月1ページづつコンテンツを追加せよ!と判断すると5ページ前後のサイトなら1ページ、10ページを超えた辺りから毎月2ページ更新しなくちゃいけない。

掲示板のログを1月分まとめて静的htmlファイルにして追加する。
無意味だが英語に翻訳したページを徐々に追加する。

なんて・・ことを考えちゃいけません。
せっせとサイト訪問者さんが喜ぶコンテンツを追加しませう。

そもそも全体の15%っていったいなんじゃぁ?
全体の文字数なのか、全体のページ数なのか、ファイルサイズなのか?
実験しようもなく、じれったい気もするが、こういうときは原点回帰
私の考えるSEOは「当たり前のことを、当たり前のようにやる!」が基本なので中身のつまったページを毎月徐々に追加していくと解釈しておこうw
ブログがSEOに有利な点はこういうところにもあるのかと。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

アフェリのリンクは検索順位に悪影響

思ったより早く結果が出ました。
ヤフーのみですが7日時点でのキャッシュで116位から
8日時点でキャッシュが更新されており42位へ急上昇
アフェリエイトのリンクコードを抜いただけなので仮説はほぼ間違いなくあたっていると考えられます。
グーグルのキャッシュは古いままなので確認できませんが、概ね同じ結果が予想されます←これは大謎

なぜそんな仮説を立てたかの理由として
自分が検索エンジンのアルゴリズムを考えるとしたら、アフェリエイトのリンクコードがたくさん貼ってあるようなページは重要性が低いと判断するのが妥当
html構文チェッカーでリンクコードの文字が違反と判断されること
2点です。

適当なレポートを書きながらふと更に疑問が・・
今回はアフェリとアマゾンのリンクコードを5個抜いただけで順位が上がったため、アフェリエイトのリンクコードを悪者にしているが、単に外部リンクが5個減っただけでも順位が上がった可能性があること

検証するためにASPへのリンクコードを入れずに直接アフェリエイト先のサイトへのリンクを入れて実験してみよう。
※まだグーグルの結果が出てないことと、ヤフーが踊っているだけの話だと困るのでしばらくは放置予定。(ころころページを変えるとクローラーが可哀想だし(笑))
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

アフェリエイトのコードは検索順位に悪影響か?

まったく根拠の無い話ですが、アフェリエイトのリンクコードが貼ってあるページは検索順位に悪影響なのかを実験します。

5月7日現在ヤフーで116位グーグルで130位のページをサンプルとしアフェリエイトのリンクコードを全部抜いてみる。

数日後に結果が出たらレポートします。
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

相互リンクの危険性

あちこちのサイトで相互リンクの危険性について書かれ始めました。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLG,GGLG:2005-47,GGLG:ja&q=%E7%9B%B8%E4%BA%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%80%80%E5%8D%B1%E9%99%BA%E6%80%A7

元々過度なSEOはスパム行為だということは誰もが承知していることでいまに始まった危機ではありませんが、SEOに効果がある!と聞いただけでむやみやたらと相互リンクしてる人にとっては寝耳に水の話かもしれません。

検索順位を上げるためにリンク数を増やそうと思えば相互リンクの依頼をするしか方法がなく、リンクして欲しいがこちらからはリンクしませんというのはむしがよすぎる話で、仕方なく相互リンクしているというのが本当のところだと思います。

性格上他人様に相互リンクの依頼メールを送れるほどまめでなく、ましてやリンクが欲しいという理由だけで他人のサイトへのリンクを張るようなことは出来ないたちなので、相互ではなく相手からのリンクのみもらえるようなサイトはないかと調べているときに、ふと思ったのが無いなら自分で作ったらどうか?ということでした。

相互リンク全盛の時代に一方通行のリンクを貼るという趣旨が理解されるのはいつの日か。
seo
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

検索順位ってどうやって決まるの?

グーグルやヤフーでの検索結果で表示される順番ってどうやって決まるの?
ページが作成された日付の順番?
五十音順?
なんてことはありません、グーグルやヤフーが検索された文字に一番適してると思われる順番に表示されているのです。

では、どうやったら自分のページを上位に表示させることが出来るのでしょうか。

SEOと呼ばれる検索エンジン最適化という手法を自分のページに施すことにより上位に表示されやすくなりますので、簡単でわかりやすくSEOについて説明いたします。

自分のサイトのキーワードを5個決める
キーワードを決めるときに重要なことは、そのキーワードがどれだけ検索に利用されているか?と、実際にグーグルやヤフーで検索し検索結果数がどれだけあるかがポイントとなります。
滅多に検索されないような語句をキーワードに選んで上位表示されてもしかたありませんので、こちらから確認してみてください。
http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp
検索回数が多いキーワードほど、ライバルも強力で上位表示が厳しくなりますので、検索回数と検索結果数のバランスを考慮し決めましょう。

タイトルtitleにキーワードを入れる
自分のサイト名等の固有名詞のみを入れているページをよく見かけますが、SEO的には間違いです。サイト名で検索されるくらい認知度の高いページであればSEOは必要ありません。
タイトルには先ほど決めたキーワードを重要な順番に左から入れてください。
タイトルは32文字までしか検索結果に表示されませんので、欲張って沢山の文字を入れすぎると上位表示されてもクリックしてもらえなくなります。

メタタグの使い方
<head>から</head>の間に自分のサイトの説明文を短く書きます。
<META name="description" content="こちらは●●している●●のホームページです">
同じくキーワードも
<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3,キーワード4,キーワード5">と入れます。
※キーワードの区切りは全角の「、」ではなく半角の「,」カンマ

見出しタグ<Hα>の使い方
h1からh3までを順番に上から使います。
数字が小さいほど重要となりますので重要度の高いキーワードを順番に入れます。効果が高いからといって何箇所も使うと検索エンジンスパムと判断されますので、それぞれ一箇所のみ使用し順番が逆転しないこと。
見本としてhttp://www.apache.jp/を参考にしてください。
これぞHTMLの見本!という作り方になっています。

本文の書き方
ページの上部にキーワードを入れるように心がけ
キーワード出現比率を文書全体の3%から5%にすることが望ましいとされています。文字数を数えて計算する必要はありませんが、あまりにもキーワードが多すぎると不自然な文書となりますので、読んでみて違和感がない程度に入れましょう。

画像について
検索ロボットは画像の中身をよみません。いくらそのサイトの中身が一目瞭然の写真であってもロボットからすれば ALTタグの文字しか読みませんので、ページの内容を画像主体のページではなく文書主体のページにすることがSEO的に有利です。やむを得ず画像を使う場合は画像のALT属性にキーワードを入れてください。
文字主体のページは検索ロボットには受けがいいが人間が見た場合味気なく地味なページになってしまう。画像を多く使用すれば見栄えが華やかになるが検索ロボットからすると文字数が少なく寂しいページとなる。
ここがサイトを作る上で一番頭を悩ませるところです。

外部スタイルシートを使う
HTMLファイルにはコンテンツそのものを書き、ページの色や背景などの構成を外部スタイルシートに書くことによりHTMLファイルをすっきりさせることが出来、検索エンジンにもインデックスされやすくなるらしいです。
先ほどの画像の取り扱いについても、外部スタイルシートで画像を表示させることにより、HTML本体に対する影響を抑えることができます。
ヘッド、メインコンテンツ、ナビゲーション、フッターという自然な構成を作ることが望ましいと思いますが、利用者の利便性を考えるとメインコンテンツとナビゲーションが逆転してしまいますが、スタイルシートのDIVタグを使うことによりロボットの見た目と人間の見た目を逆転することが出来ます。

ここからが一番重要
関連性のある良質なリンクをもらう
自分のサイトと同一テーマのサイトからリンクをもらうことが一番効果があります。たくさんの良質なページからリンクを貼られているページは良いページであると判断され検索順位が大幅にアップします。

関連性があるとは?
例えばあなたの狙っているキーワードがカメラであった場合、「カメラ、一眼レフ、フィルム、写真」等が沢山書かれ、タイトルや見出しにも「カメラ、一番レフ」等が入っているページからリンクをもらうということです。
まったく無関係なテーマのサイトからリンクをもらっても効果が出ません。

リンク集に登録
リンク集に登録することである程度関連性の高いページからのリンクを得れますが、1ページから大・に外部リンクが貼られてるページは重要視されませんし、間違ってリンクファームに登録した場合ペナルティーを科せられます。登録するリンク集のページランクを確認して申し込みしましょう。

関連性のあるサイトを見つけるには?
簡単です、自分が狙っているキーワードをグーグルやヤフーで検索してみてください。上位にランクされているページに相互リンクの申し込みやトラックバックを送りましょう。

掲示板への書き込み
動的なページからのリンクは重要視されません。動的とは、書き込みにより内容が変わるページのことで、逆に静的なページとは拡張子がhtmlなどとなっている動かないページのことです。

バックリンクの危険性
被リンクの効果が高いからといって、急激にトラックバックを大・に送るとスパムになる可能性があります。沢山のアクセスを集めているサイトは継続的に少しずつバックリンクを集めているのではないかと推測され、地味な作業を繰り返し行うことが大切です。
某有名なIT企業さんが、相互リンクをやりすぎてグーグルからインデックスを削除され、あわてて修正したというニュースが記憶に新しいとこですよね。楽して簡単に検索順位アップできないということかもしれません。

検索エンジン登録代行
一度私も検索エンジン登録代行というサイトに申し込みしたことがあります。
1ヶ月待っても、バックリンクが見つかりません・・・2ヶ月待っても表示されません・・・登録はしてくれたが、受け付けてもらえなかったということでしょうか・・
この時初めて自分の手でこつこつと登録作業や相互リンクの申し込みをしないと駄目だと気づきました。


結論
SEOとは自分のサイトコンテンツを明確にし、正しく見易いファイルを作り、こつこつと関連性のあるページに相互リンクの申し込みやトラックバックを送ることだと考えます。
相互リンクの申し込みをしても恥ずかしくない内容のサイトを作ることこそ最強のSEOだと思います。

宣伝
関連性のあるページからのリンクというページを作りました。
よかったらリンクの足しにしてください。http://link.dee.cc/
posted by せお seo アフィリエイト ブログ at 13:35| Comment(1) | TrackBack(2) | SEO 検索エンジン最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seoアフィリエイト ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。